займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン LP制作を依頼するなら価格相場の違いや選定ポイントを知っておこう

LP制作を依頼するなら価格相場の違いや選定ポイントを知っておこうのメイン画像

LP(ランディングページ)とは、自社の商品やサービスに関して、アピールしたい内容を1ページにまとめたものです。

効果を測定しやすい、訴求力が高い、といったメリットがLPにはあります。

そのため、LPの導入を検討している企業も増えているようです。

そこで、LP制作の価格相場や、制作会社を選定するポイントについて説明していきます。

 

 


 

LP制作の価格の相場


 

制作会社やプランなどによって価格はさまざまですが、20万円以下でLPを制作できるケースが多く見受けられます。

ただし、大手代理店の場合は価格が高くなる傾向にあり、20万円以上になることも珍しくありません。

一方で、簡易なLP制作であれば、価格を5万円以下に抑えることも可能なようです。

その場合は、商品・サービス説明やキャッチコピーといったテキストに加え、

商品画像などの素材を自前で用意する必要があります。

 

 


 

価格に違いが出る理由はさまざま!


 

価格を左右する要素の一つに、1ページの長さがあげられます。

pxやA4サイズなど用いる単位は制作会社によって異なりますが、

1ページの長さが長くなるほど価格は上昇する傾向にあります。

 

また、使用する画像を制作会社に依頼する場合は、その分の価格が上乗せされます。

新たに撮影するには、カメラマンや設備の手配など、撮影費用が必要になるからです。

新たにサーバを用意する場合も、その分の費用が別途必要でしょう。

サーバのレンタル費用は、容量・セキュリティなどにより異なります。

それから、通常に比べてタイトな納期で依頼する場合も、価格は高くなりがちです。

 

 


 

LP制作を依頼する際に重視したいこと


 

制作会社を選ぶ際は、LP完成後のサポートが充実しているかも考慮しましょう。

LPを公開したからといって、必ずしも集客に繋がるとは限りません。

思うような結果が得られない場合に、ページの改善サポートをしてくれる制作会社を選ぶことが大切です。

また、取り扱う商品・サービスの種類ごとに、LPで重視すべきポイントは異なります。

効果的なLPを作るためには、自社と類似した業界でのLP制作実績が豊富な会社を選ぶことが重要なのです。

そして、LPにはバナー広告が必須とされています。

バナー広告については別料金となるケースが多いため、事前に料金を確認しておきましょう。

 

 


 

まとめ


 

LPを効果的に活用することで、

広く一般に向けて自社が手掛けている商品・サービスなどを魅力的にアピールすることができます。

LP制作を依頼する際は、満足のいく成果を出せるよう、制作会社を比較検討して慎重に選ぶことが大切です。

価格の安さだけでなく、これまでの実績や改善サポートの有無などをしっかり確認するようにしましょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲