займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン HP制作の価格には開きがある!違いが出る理由3つを紹介!

HP制作の価格には開きがある!違いが出る理由3つを紹介!のメイン画像

格安のHP制作サービスが存在している一方、数百万円の制作費用を提示している業者は少なくありません。

外部にHP制作を依頼した際、なぜ見積もり金額に大きな差が生じるのでしょうか。

そこで今回、金額に違いが出る理由を3つ紹介します。

3つの理由を把握しておけば、効率良くプロモーションを展開する手法が見つけられるでしょう。

 

 


 

違いが出る要素1.市場調査などのマーケティング


 

ウェブのスペシャリストであるHP制作会社の場合、

マーケティングに多大な時間と労力を費やすケースが一般的です。

先ず最初に市場調査を行い、ユーザーが求めているものを把握します。

加えて、競合他社のHP、人気コンテンツを分析します。

 

そもそも、いずれのビジネスにおいても、提供するサービス・商品の内容と共に、顧客を獲得する戦略が非常に重要です。

ビジネスの核とも言える部分を外部に依頼すれば、コストがかかることは必然でしょう。

但し、コストがかかった分だけHPの魅力が増大し、集客力の向上を望みやすくなります。

Webコンサルティングを専門的に行っている会社の中には、顧客と一緒にマーケティング戦略を立てています。

コンサルティング料金が数十万円~数百万円かかるものの、費用対効果が大きいです。

 

 


 

違いが出る要素2.デザイン作業


 

ホームページのデザインは、テンプレートとオリジナルの2種類に大別されます。

テンプレートで仕上げる場合、既存のデザインを活用するため、手間が少なく、作業時間が短いです。

その上、デザイン料金が安価です。しかし、見栄えの良さを追求しにくいでしょう。

 

一方、オリジナルは、依頼者個々の要望に合わせてホームページ全体のデザインを1から考案します。

工程において、オリジナルの写真やイラストの作成・レイアウトが含まれていると、料金が上乗せされるでしょう。

あらかじめ素材を準備しておけば、費用の軽減を図れます。

尚、担当する人物によって仕上がりが格段に異なるケースは少なくありません。

プロのデザイナーが手掛けたHPは、非常に美しく、印象に残りやすいです。

その代わりに、料金が割高で設定されています。

 

 


 

違いが出る要素3.ページのボリューム


 

ページ1つ1つ、企画・デザイン・コンテンツ制作を行われなければなりません。

そのため、ページ数の増加に伴って価格が上昇します。

例えば、会社の沿革や事業を紹介するシンプルなコーポレートサイトの場合、工数が少ないため、

費用が嵩みにくいです。費用は10万円~30万円程度が相場です。

しかし、20ページ以上のコーポレートサイトやECサイト、幅広いジャンルの情報を扱うポータルサイトは、費用が跳ね上がります。

ページ数や情報量と共に、テキストの内容も価格を決める因子の1つです。

ただ単に商品を紹介しているだけの文章では、消費者にスルーされてしまう可能性が高いです。

文章力に優れている人材を確保し、紹介記事を工夫する必要があります。

SEOを意識したテキストは、付加価値を有するため、作成費用が割高です。

 


 

まとめ


 

HPの制作には、大勢のクリエーターが携わっています。

マーケティングやデザインなど、色々な要素を加味し、品質の向上に取り組んでいます。

HPの開設にあたって専門家の力を必要とする時には、サービスを総合的に判断しましょう。

同時に、外部に制作を頼む意図、HPに期待する効果を明確にしておくことも大切です。

安易な考えで依頼した折には、のちのち後悔する事態に陥りかねません。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲