займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 4大SNS広告を徹底比較!価格や特徴とは?

4大SNS広告を徹底比較!価格や特徴とは?のメイン画像

Twitter・facebookなど、SNSは幅広い年代の方が使用するほど広く普及されています。
SNSは基本的に無料で利用可能ですが、費用をかけることでSNS上に自社サービスや商品などの広告を掲載することができます。

様々なSNSがありますが、ここではTwitter・facebook・instagram・youtubeの4つのSNS広告について、それぞれの広告の特徴と価格について解説します。

 

目次
1、【SNS広告①】Twitter
2、【SNS広告②】facebook
3、【SNS広告③】instagram
4、【SNS広告④】youtube
5、まとめ

 

 


 

1、【SNS広告①】Twitter


 

Twitterは、140文字という少ない文字数の中で自分のリアルタイムを投稿するSNSです。

TwitterでのSNS広告は主に以下の4つです。

 

・プロモツイート
タイムライン上に広告用のツイートを表示することを言います。プロモーションというラベルがつきますが、いいね・リツイートなど、普通のツイートと同じ操作ができます。

・プロモビデオ
動画を使用した宣伝を行います。プロモツイート同様、普通のツイートと同じ操作が可能です。

・プロモアカウント
広告主のアカウント自体を宣伝し、フォロワーを増やすことを目的とした広告です。おすすめユーザーやアカウント検索画面などに表示します。

・プロモトレンド
キーワードやハッシュタグをトレンド欄に表示させる広告方法です。

 

Twitterの広告に必要な費用は、課金形態によって変化します。
課金形態は主に以下の5つに分類されます。

・CPM課金(1,000回広告が表示されるたびに課金される)
・CPE課金(ツイート「いいね」「シェア」「コメント」の1エンゲージメントごとに課金される)
・CPC課金(クリックされるたびに課金される)
・CPI課金(アプリをインストールされると課金)
・CPV課金(動画広告視聴1回ごとに課金される)

 

費用はオークション形式で10円から入札できます。

入札方法は、最適な入札額を自動的に設定する自動入札、自分で支払う金額の上限を設定できる上限入札単価、一部の広告で自分で目標額を設定し、それを下回ることなく1日あたりの平均額を最適化する目標入札単価の、3つがあります。

 

 


 

2、【SNS広告②】facebook


 

主に30~40代が使用しているfacebookは、実名を使用するSNSです。

文字に限らず、画像や動画・LIVEまで幅広く活用できることが特徴です。

facebookのSNS広告は主に以下の4つです。

 

・画像・動画広告
広告主が作成した写真や動画を、テキストと一緒にタイムライン上に表示させます。

・カルーセル広告
何枚もの写真や動画が混合したスライドショーが、タイムライン上に表示されます。

・コレクション広告
広告に載せたい商品などを、カタログ形式で表示させることができます。

・ダイナミック広告
事前に商品のカタログを作成し、ユーザー情報を元に、適した広告をおすすめ製品として表示します。

 

facebookの広告に必要な費用は、課金形態によって変化します。
課金形態は主に5つに分類され、CPC課金・CPM課金・CPI課金・CPE課金・CPV課金になります。

facebook広告はfacebookだけに限定されず、Messengerやinstagramと連携して広告を出す事も可能です。

 

 


 

3、【SNS広告③】instagram


 

instagramとは、写真や動画といった、視覚的にわかりやすい投稿に特化したSNSです。

「インスタ映え」という流行語があるように、特に若い世代からの人気があるSNSの1つです。instagramを利用して広告する場合は、写真や動画を用いた手法がメインになります。

 

instagramでのSNS広告は主に以下の4つです。

・写真・動画広告
ユーザーのタイムライン上に、広告主が作成した写真や動画が表示されます。

・カルーセル広告
何枚もの写真や動画が、混合したスライドショーが、タイムライン上に表示されます。

・ストーリーズ広告
スマートフォンの全画面に最適化された写真や動画が、ストーリーズのタイムラインに表示されます。

・コレクション広告
広告に載せたい商品などを、カタログ形式で表示させることができます。

 

instagramの広告に必要な費用は、課金形態によって変化します。
課金形態は主に4つに分類され、CPM課金・CPC課金・CPI課金・CPV課金になります。

CPM課金の場合は、1,000回広告が表示されるたびに課金、CPC課金の場合は、1クリックされるたびに課金などの特徴があります。また、instagramは広告の出稿が100円から利用できます。

ユーザーへ視覚的に訴えたい場合は、instagramを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 


 

4、【SNS広告④】youtube


 

youtubeとは、動画を通してさまざまなコンテンツを発信できるSNSです。
最近では、youtubeに自主制作した動画を公開し、広告収入を得る「youtuber」という職業も存在します。
youtubeでは広告に動画を使用するため、ユーザーの関心をより多く惹きつける可能性があります。

 

youtubeでのSNS広告は主に以下の4つです。

・TrueViewインストリーム広告
動画の再生前・再生中・再生後に再生される広告です。
この広告は開始5秒後、ユーザーによりスキップすることが可能です。

・TrueViewディスカバリー広告
動画を検索した際の、検索結果画面に広告が表示されます。

・バンパー広告
TrueViewインストリーム広告と同様、動画の再生前・再生中・再生後に
6秒以下の短い広告が再生されますが、ユーザーはスキップすることが不可能です。

・アウトストリーム広告
スマートフォンやタブレットなどのモバイル専用の広告です。
アウトストリーム広告は、youtube以外のウェブサイトやアプリにも、広告を発信することができます。

 

youtubeの広告に必要な費用は、各広告によって変化します。
インストリーム広告の場合は、ユーザーが30秒視聴した際に課金、ディスカバリー広告の場合は、サムネイルをクリックした際に課金などの特徴があり、広告の再生時間によって、料金が発生するかしないかが決まりますが、平均で3円~20円といわれています。

 


 

5、まとめ


 

ここでは、4大SNSで広告を掲載する際の、費用や特徴について紹介しました。

SNS広告は基本的に、低単価で自分の予算を設定して始めることが可能なので、広告の取っ掛かりとして最適ではないでしょうか?

各SNSの特徴を理解した上で、自社サービスを宣伝しさらに、費用対効果を最大限に広げましょう。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓
◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆
電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲