займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 集客効果をアップする広告デザインのコツは?

集客効果をアップする広告デザインのコツは?のメイン画像

集客効果の高い広告デザインにはいくつかのコツがあり、

ポイントを押さえることで広告の内容が伝わりやすくなったり、印象の良いものになります。

 

そこで集客効果の高いデザインや相手に訴えかけることが出来るようなデザインについて紹介します。

 

 


 

良いデザインとは何かを知る


良いデザインは優れた機能を持ち合わせていて、誰が見ても分かりやすく見やすいものです。

良い広告デザインは読者の印象に残りやすく、数秒間見ただけでも頭に残るようなものです。

印象に残らないようなデザインの広告は商品やサービスに関心や興味を抱くことも少なく、

購買意欲も下がってしまいます。

印象的なキャッチコピーや写真などを上手に取り入れて、

購買意欲も湧くようなものが良い広告デザインなのです。

 

相手に意図する目的がきちんと伝わるようなデザインにすることも重要です。

メッセージ性が高く、ターゲットに届くような言葉を使います。

メッセージ性が薄いと興味が無くなってしまって、集客には繋がりません。

文章がやたらと多かったり、回りくどい言い方だと意味が伝わらない可能性もあるのです。

短い言葉で興味を持たせられるのが良いデザインの条件でもあります。


 

集客効果のあるデザインを


集客効果が高いデザインを作るコツは写真のレイアウトにメリハリがあり、

何が一押しなのか見た人に伝わるようなデザインにすることです。

 

写真はコンセプトを伝えるために使われたり、

伝えたい雰囲気をお客さんに届けることが出来るアイテムです。

人物を主役としたいときには真ん中に配置したり、

広告全体に写真を配置すると相手を引き込みやすくなります。

広告で取り上げる商品やサービスの数が多いときには強調したいものを1個か2個選んで、

大きく掲載するとインパクトがあります。

 

同じようなサービスや商品がいくつもある場合はそれらを集めていると、

グループごとに配置されているので読み手が理解しやすい広告になるのです。


 

視線の流れる方向を意識する


人は広告デザインを見るときに視線が決まった方向へ流れます。

無意識に動く習性があり、それを利用して集客効果を上げるようにします。

横書きの場合は左上から始まって右上に、次に中央から左下、右下へと動くのです。

これを「Zパターン」と言います。

 

縦書きの場合は右上から右下、中央から左上、左下と目線が移動します。

これは「Nパターン」です。

情報量を多く詰め込むことができ、情報量が少なくてもインパクトが残せるデザインです。

どちらも最初に見る位置にキャッチコピーを置くと効果的です。

 

 


 

まとめ


広告デザインに様々な工夫を施すことで関心や興味を持って貰うことができ、集客に繋がります。

より多くの人の心に残るような広告にするためにも、ポイントを押さえてデザインを選ぶようにします。

PAGE TOP ▲