займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 開業の広告を作成する際に意識すべきこと

開業の広告を作成する際に意識すべきことのメイン画像

店舗を開設する際には、

広告を作成し、その事業の情報を発信していかなければなりません。

その広告の内容は、新店舗の経営を軌道に乗せる上で非常に重要になります。

 

ここでは、広告作成時のポイントをご紹介します。

 

 


 

開業広告作成時の注意点


 

開業時、広告を作成する際には、スケジュールに余裕を持たせておかなければなりません。

広告は開業前に打ち出す必要があるため、

トラブルが発生し、広告の印刷が開業後になってしまっては、

はじめから一歩で遅れてしまうことになってしまいます。

 

そのため、入稿を前倒しにしておくことをおすすめします。

開業日に遅れないよう、余裕を持って印刷入稿しましょう。

 

 


開業時の目玉を明確にする


 

作り方のポイントは、オープンの目玉(商品)とキャンペーンを明確にすることです。

広告はそれほどじっくり読まれません。

新聞と一緒にポストに入っていれば、サッと目を通すだけで捨ててしまわれるでしょう。

 

そのため、広告を手に取った人が、サッと目を通したときに、

オープンの目玉(商品)とキャンペーンをすぐに把握できる構成にする必要があります。

また、多くのお店では開店セールを行うため、

開業時の広告=開店セールのチラシを兼ねています。

キャンペーンには期間を明確に記載しましょう。

チラシ持参の来店割引、クーポン、メール会員入会特典などの情報も盛り込むと、

集客を行いやすいといえます。

 

 


 

情報を詰め込みすぎない


 

広告に掲載する内容を考える際に、気を付けなければならないのは、

情報を詰め込みすぎてしまうことです。

責任者や担当者のテンションを反映しようとするあまり、

結果として何が言いたいのか分からなくなることもあります。

広告作成の経験があまりない方であれば、その傾向は強まるでしょう。

反対に、控えめすぎてインパクトに欠けるものは、広告の意味を成しません。

 

スケジュールには余裕を持って、掲載内容をよくまとめることが大切です。

先ほど考えた開業時の目玉を軸に、その他の情報は必要最低限にしましょう。

内容ごとに区画を分けたり大きな見出しを付けるなど、

お客さんの目線に立って、

パッと見るだけで大まかに内容を把握することができる広告を作成しなければなりません。

 

 


 

まとめ


 

開業時はスタートダッシュが肝心です。

広告戦略で開業時から事業を成功させ、開業後はリピーター獲得も目指しましょう。

チラシの作成時には、広告作成を専門に行っている企業へ問い合わせしてみるという選択肢もあります。

オフラインでの広告の依頼を受けられている東邦プランに問い合わせてみましょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

 

PAGE TOP ▲