займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 購入につながるコンサートのチラシデザイン

購入につながるコンサートのチラシデザインのメイン画像

コンサートのチラシを作成するうえで重要視する項目は

「いかに集客効果を発揮できるか」という点にあることでしょう。

 

この記事ではチケットの購入につながる

集客効果のあるコンサートのチラシを作成していくうえで、大切なポイントを解説していきます。

 


 

ターゲット層のペルソナ化


あなたはコンサートに来てほしい方をイメージできているでしょうか?

どのようなコンサートでも企画から始まります。

 

実際の演奏会やコンサートでどんな曲を演奏し、

それをどんな人々に聴かせたいのか。

そしてコンサートを通じどのようなメッセージを伝えることが目的なのか。

目的を整理していくことで企画の土台が完成していきます。

そのなかでも、チラシを作る際には

どのような人に聴かせたいかをイメージすることはとても大切です。

あなたのご両親でも友人でも、

その人がどんなメッセージや演奏に感動するだろうか、わくわくするだろうか。

ということをイメージをすることでデザインやタイトルを決めやすくなります。

 


 

コンセプトに沿っているか


 

一番来てほしい!と思える人々のイメージが出来れば、

次にその人々に訴求力の高いメッセージやデザインをチラシの中で表現していく必要があります。

例えば小さい子どもがいるファミリー層に対しては難しい表記を避け、

イラストが占める割合を多く使用することで、

お子様も大人も楽しめるようなイメージを与えるデザインに。

 

所得が高い30代独身を想定するのであれば、

異性を誘うデート先にふさわしいような高級感が漂うデザインを採用したり、

男女のペアに向けたメッセージを表記する。

 

このように人々をイメージし、コンセプトに沿った相応しい内容で

訴求していくことがチラシ作りの大事なポイントになります。

 


 

連絡先はわかりやすいか


今まで解説してきたイメージする人々にマッチしたデザインを極めたとしても、

作成するチラシの目的はあくまでもチケットの購入です。

当然購入につながる導線が整っていなければ、

チラシを目にした人がチケットの購入までたどり着くことが難しくなってしまいます。

購入方法やお問い合わせ先などは、

デザインに埋もれないように目立つ位置に表記することや、

適切な情報量に抑えることで、

読んでいる途中にうんざりされてしまうようなチラシにはならないように心がけましょう。

 


 

まとめ


 

今回解説したポイントはコンサートのチラシ作りにおける基礎的な内容ですが、

実際に自分で作成するとなると、アイデアばかりが溢れてしまい

ユーザーに対して伝えたいことが思うように伝わらず、

訴求力のないチラシができてしまうこともあります。

 

そのような事態を避けるためにもチラシ作りのプロに相談することも一つの手段です。

この記事で解説したようなポイントをおさえ、

集客に必要なメッセージや情報たちをプロがチラシにまとめることで、

より高い集客効果を望めるかもしれません。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲