займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 読んでもらえるチラシの作り方!コツを伝授

読んでもらえるチラシの作り方!コツを伝授のメイン画像

みなさんの作成したチラシは顧客に読んでもらえていますか?

たとえ手にしてもらえたとしても読まれなければ宣伝効果は期待できません。

 

そこで今回は、読まれるチラシを作成するコツを紹介していきます。

顧客の反応が良いチラシとはどういうものなのか見ていきましょう。

 

 


 

顧客の反応を想定しよう


読んでもらえるチラシを作成するには顧客の反応を想定することが大事です。

一般的に人がチラシを見るのは一瞬です。

そのため、第一印象で商品の魅力が伝わるようにしなければなりません。

 

そのためには、チラシのデザインに統一感を持たせたり、

目的に沿ったフォントや色を使用したり、適度な余白を設定するといった工夫が必要です。

見た目からも顧客に商品の魅力を伝え、顧客の良い反応を引き出す工夫が大切です。


 

チラシ作成前の準備が重要


チラシを作成する前には準備が必要です。

まず、チラシのターゲットは誰なのかをはっきりさせ、

何を伝えたいのかを明確にする必要があります。

ターゲットをはっきりさせることで、

チラシの構成やデザインなどをターゲットに合わせて工夫することができます。

 

また、顧客がチラシを見たときにインパクトを与えられる内容を考えることも重要です。

一般的に顧客はチラシを見た瞬間に興味があるかどうかを判断するといわれています。

そのため、インパクトがある内容であれば顧客がチラシを読み進める確率が高まります。

 

さらに、チラシ作成の目的やターゲットに合わせて

チラシの配布場所や時間帯などを設定することが重要です。

それにより、チラシを読んでもらえる確率が高まります。


 

失敗しないチラシのコツ


失敗しないチラシ作り方のコツを紹介します。

まず、チラシの中で優先順位をつけることが重要です。

一般的にはチラシは目立つ方がよいと考えられていますが、

すべてを目立たせればよいというわけではありません。

チラシの中で目立たせるものとそうでないものをはっきりさせることで、

顧客に本当に伝えたい内容が伝わるチラシとなります。

 

また、顧客がつい興味をもってしまうキャッチコピーを入れることで、

チラシを読んでもらえる確率が高まります。

このように、顧客に本当に伝えたい内容を伝える工夫や、

チラシを読んでもらえる確率を高める工夫が必要です。

 

 


 

まとめ


 

チラシを作るときには、チラシを読む顧客の反応を想定する必要があります。

また、顧客の興味を誘うようなキャッチコピーやデザインなどを意識してチラシを作成

することで顧客に読まれるチラシになるでしょう。

 

以上のようなチラシの作り方のコツを押さえてチラシを作成することで

より顧客に読まれるチラシになるでしょう。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲