займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 読みやすいパンフレットのレイアウト方法

読みやすいパンフレットのレイアウト方法のメイン画像

パンフレットは商品やサービスなどをアピールするうえで、大切な媒体です。

さらに読みやすければアピール力もアップするでしょう。

 

ここでは、読みやすいパンフレットの作り方についてご紹介します。

パンフレットのレイアウト方法などについても掘り下げていきますので、参考にしてみてください。

 

 


 

パンフレットの形状選定


 

読みやすいレイアウトのパンフレットを作るときには、

まずパンフレットの形状を決めなくてはなりません。

パンフレットの形状によって適したデザインが変わるためです。

代表的なパンフレットの形状としては、中綴じタイプや2つ折りタイプがあげられます。
まず中綴じタイプは、複数枚重ねた紙の真ん中を、針金(ホチキス)で止めて折りたたむタイプです。

ベーシックな製本方法をとり、多くのパンフレットで採用されています。

こちらの形状は比較的ページ数の多いパンフレットにおすすめです。

また2つ折りタイプで、中にポケットホルダーがついているタイプもあります。

このタイプはポケット部分に冊子やチラシ、提案書などを収納することが可能です。

商品の変更やサービス情報の変更が起こった場合も、

詳細な情報をあらかじめ挟む書類に記載する形にしておけば、書類の差し替えによって対応ができます。

さらにドキュメントをポケットに一式まとめることができるため、営業に利用しやすく機能的な形状です。


掲載情報のグループ化


 

読みやすいパンフレットにレイアウトする方法として、掲載する情報のグループ化が挙げられます。

例えば関連性の低い内容が1ページに詰め込まれてしまうと、

伝えたい内容が分かりづらいパンフレットになりがちです。

そうならないためにも、伝えたい内容が複数ある場合には、

関連性の高い情報をグループ分けして掲載順を決めていきます。

さらに特に注目を集めたい要素を独立させ、提示できるように配置することもできるでしょう。

紙面にメリハリが出ますし、情報を系統立てることができます。

結果として読みやすいパンフレットになるのです。


グリッドで各要素を配列


 

その他、読みやすいパンフレットをレイアウトしていくには、グリッドを使うのも良いでしょう。

要素を整理することができます。

 

グリッドとは紙面を格子状や帯状に分割し、その線や面に沿った形でレイアウトする方法です。
グリッドを使用することでアウトラインがはっきりするため、スムーズにレイアウトすることができます。

グリッドに沿って画像や文字を配列するため、要素の端が自然に揃うのです。

そうすることで紙面の情報が整理され、見やすいパンフレットになります。

 


 

まとめ


 

高品質の商品やサービスを提供しても、読みづらいパンフレットだとその魅力は中々伝わりません。

見やすいレイアウトのコツをおさえて、販促につなげましょう。

その際に制作をプロの業者へ依頼するのもおすすめです。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲