займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 見る人が関心を向けやすいチラシ画像の特徴

見る人が関心を向けやすいチラシ画像の特徴のメイン画像

チラシに画像を入れるとよりチラシを見た人の興味を集めやすいでしょう。

そこでこの記事では、効果的に集客できる画像をチラシに使いたいと思っている人を対象に、

見る人が関心を向けやすいチラシの画像の特徴を解説します。

 


 

商品の信憑性が高く見える


 

チラシに書かれた内容と実際の内容が異なることは多いです。

そのため、画像を載せれば商品の信ぴょう性が高く見えるでしょう。

特にサービス・商品の画像だけでなく、

スタッフの顔写真や制作現場の画像を入れれば制作背景がわかることから

より信ぴょう性を高くすることができます。

それに、文章を読むのは時間がかかることから、

チラシの文章はサービス・商品に興味がある人しか読みません。

それに対し、画像ならパッと見でサービス・商品の内容がわかります。

このように、長い文章よりも画像1枚の方が伝わりやすいというメリットもあります。

 


 

コピーと写真の内容が一致


 

チラシの画像選びにはキャッチコピーの内容と一致するものを選びましょう。

基本的に広告にはキャッチコピーがつきものです。

キャッチコピーは人の注意・関心を引くための宣伝文句であり、

画像にはそのキャッチコピーの説得力を向上させる効果があります。

 

それなのに、キャッチコピーと関係ない画像を入れてしまうと、

逆にキャッチコピーの説得力が下がってしまったり、

画像を入れる意味がなくなってしまうので、

キャッチコピーとの関連性が高い画像を入れましょう。

 


配置はジャンプ率を意識して


 

ジャンプ率とは本文や見出しなどの大きさの比率のことを言います。

本来ジャンプ率は文字のレイアウトに対して使いますが、

画像の配置においてもしっかり大きさを考えて配置しないと

画像を強調させすぎてキャッチコピーが目に入りにくかったり、

逆に画像が小さすぎて画像を入れる意味が無くなったりしてしまいます。

 

特に画像を複数入れる場合はジャンプ率を意識すべきでしょう。

複数の画像のうちの1~2枚程度を目立たせたい場合は、

それらの画像を大きく、残りの画像を小さく配置するのがおすすめです。

また、どの画像も重要であり、画像ごとの差をなくしたいなら、

全ての画像の大きさを同じ大きさで配置すると良いでしょう。

 


 

まとめ


 

チラシに画像を入れると、チラシを見た人に対してダイレクトに訴えかけることができます。

ただ、画像を入れるだけで興味を引くことができるわけではなく、

しっかりとポイントを押さえたうえで画像を入れないと意味がありません。

だからこそ、画像の内容や配置に気を配り、より効果的に宣伝できるチラシを作りましょう。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲