займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 裏表紙もリーフレットの顔!上手なまとめ方

裏表紙もリーフレットの顔!上手なまとめ方のメイン画像

裏表紙もリーフレットの大切な顔で、目につきやすい部分です。

よって、有効的に活用するといいでしょう。

 

これから、リーフレットの特徴や裏表紙の使い方・上手なまとめ方などをご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 


リーフレットとは何か


 

裏表紙のデザインや内容を考える前に、リーフレットについて知る必要があります。

リーフレットは2つ折りや3つ折りにたたんである小さな冊子で、綴じていないものが主流です。

一般的には、施設や店舗で配布もしくは自由に持ち帰るために置いてあります。

パンフレットとは2つ折りで綴じているものです。

リーフレットよりもサイズが大きく、A4サイズが主流になっています。

商品案内や施設の業務案内・イベント内容を盛り込んだものが多いです。

 

一方、リーフレットは商品やサービスの中から、

さらにピックアップした情報を個別に盛り込んで作られることが多いです。

つまり、リーフレットでは売出し中の商品やキャンペーンなど、

伝えたい情報を厳選しているのです。

 

 


 

裏表紙の役割を知ろう


 

裏表紙とはリーフレットを閉じた時に目に入る部分です。

内容やデザインは表表紙ほどこだわる必要はありません。

しかし、アイキャッチとしての役割があります。

アイキャッチとは誘導の意味もありますが、

本来は画像や色・デザインなどで視線を捉えることです。

裏表紙の色やデザインが印象に残れば、多くの人が手に取るでしょう。

裏表紙が表向きになって置かれる場合もあるため、

何を伝えたいリーフレットか分かることが大切です。

 

 


 

裏表紙に盛り込む内容


 

裏表紙を作成する時は、住所や連絡先・キャンペーン場所や期間などを入れます。

URLやQRコードなどを入れてもいいでしょう。

リーフレットを開かなくても情報が確認できるのは、裏表紙の上手な使い方です。

リーフレットを見た人に起こしてもらいたい「アクション」の方法を記載することが大切になります。

方法や手順などが詳細に書いてあると、お客さんはアクションを起こしやすいでしょう。

また、デザインは表表紙と関連性を出します。

 

万が一、裏表紙が上になっていても分かりやすいデザインにすることが大切です。

内容は無理に詰め込む必要はありません。

お洒落ですっきりとさせたい場合は、デザイン重視にして社名や店舗名だけにする方法もあります。

 

 


 

まとめ


 

リーフレットはPRしたい内容を盛り込む冊子です。

まずはお客さんの手に取ってもらい「持ち歩きたい」と感じるデザインにする必要があります。

内容も重要なため、作成時はプロに相談すると綺麗にまとめてもらえるでしょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲