займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 理解したいリーフレットとパンフレットの違い

理解したいリーフレットとパンフレットの違いのメイン画像

広告などの目的でリーフレットやパンフレットの作成を考えている方はいませんか?

リーフレットもパンフレットも広告や宣伝、案内などで用いられる印刷物です。

 

しかし、リーフレットとパンフレットの違いが分からず、

どちらを使えばよいか困っているという方もいるかもしれません。

そこで今回は、リーフレットとパンフレットの違いについて具体的に解説していきます。

 


 

使用する紙の枚数が違う


 

リーフレットとパンフレットは使用する紙の枚数が違います。

リーフレットは横向きにした1枚のA4サイズの紙で構成されており、

2つ折りもしくは3つ折りにして作成されています。

 

その他にも観音折り、蛇腹折りなど折り方のバリエーションが豊富で、

場面によって使い分けることができます。

 

一方、パンフレットはA4やB5などの複数枚の紙で構成されている小冊子のことを指します。

開いたページがばらけないように紙の中心を針金で閉じて作成する中綴じタイプが一般的です。

なお、パンフレットはユネスコ総会で5ページ以上49ページ未満の小冊子と定義されています。


 

掲載する情報量が違う


リーフレットとパンフレットは掲載できる情報量が違います。

リーフレットは1枚の紙で構成されているため、どうしても掲載できる情報量が少なくなります。

 

一方で、パンフレットは複数枚の紙で構成されているため、

紙の枚数を増やせば増やすほどその分だけ掲載できる情報量が多くなります。

このように、リーフレットとパンフレットでは掲載する情報量が違うため、

掲載内容や場面に合わせて利用されることがあります。


 

掲載内容で選ぶのがコツ


 

リーフレットとパンフレットのどちらを使うか決めるときには掲載内容に合わせて選ぶのがコツです。

リーフレットは、商品やサービスに関連するミニパンフレットや、不特定多数に渡すDMに向いています。

また、折りたたむと幅を取らないことから受付口や、レジ横などに設置するという用途にも適しています。

 

一方で、パンフレットは、

商品紹介や製品のカタログなど商品やサービスの詳細を伝えたいときに向いています。

複数枚の紙を使用しているため大きな画像も掲載可能です。

そのため、ビジュアルが重要な旅行案内や会社案内資料にも適しています。

 

 


まとめ


 

リーフレットとパンフレットには、紙の枚数の違いや、掲載できる情報量の違いなどがあります。

どちらか選ぶときには、発信したい情報の種類や利用する対象者、

場面によってどちらを選べばよいか決まってきます。

そのときには発信したい内容や対象者、場面をはっきりさせてから選ぶ必要があるでしょう。

また、もしどちらを選べばよいか迷っているのであれば、プロの業者に相談してみることをおすすめします。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲