займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 折込チラシはメリットとデメリットを理解したうえで計画を立てよう!

折込チラシはメリットとデメリットを理解したうえで計画を立てよう!のメイン画像

各家庭に新聞とともに配布されることの多い折込チラシ、

この折込チラシは紙のチラシを使った宣伝方法の中でも非常に効果が高いといわれています。

しかし、その折込チラシにも得意な宣伝と不得意な宣伝があるのをご存知ですか。

 

今回は折込チラシの特性から分かるメリットとデメリットをご紹介します。

折込チラシを使った広告を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 


 

メリット1.配布エリアや部数を予算に合わせて決められる


 

自社の広告として折込チラシを選ぶメリットの1つは、配布エリアや発行部数を予算に合わせて決められるという点です。

折込チラシは通常新聞と一緒に地域の各家庭に配布されていきます。

その際、その地域に住む人の需要に合わせたチラシを送ることができれば、より宣伝効果は高くなります。

 

例えば、学習塾のチラシであれば近くに小学校や中学校がありその年代の子供がいる家が多い地域に、

スーパーの特売のチラシであれば店舗に足を運びやすい近くの住民に向けて配布すればより効果的に宣伝ができます。

そしてチラシを配布するにあたり事前にリサーチをし、この地域に住む人に自社を宣伝すれば効果が高いと分かれば、

その地域にのみピンポイントでチラシを配布することが可能となるため、宣伝費の節約に繋がります。

 

 


 

メリット2.配布日を指定してタイムリーな宣伝ができる


 

もう1つのメリットは配布日を指定できるため、タイムリーな宣伝ができるという点です。

新聞と共に各家庭に届けられる折込チラシは、休刊日をのぞきチラシの配布日を指定することができます。

そのため、自社の開店セールや特売日などをタイムリーに宣伝することができます。

 

また毎週火曜日や、月2回といった規則性のある配布日を作ることで地域の方々に強い印象を与え、

「○○曜日は〇〇の特売日だ」といったように生活に密着したマーケティングを行う事ができます。

このように折込チラシを使った宣伝は即効性が高いため、読んだ人の消費行動に大きな影響を与えるといわれています。

 

 


 

折込チラシにはデメリットもある!


 

一方、折込チラシを使った宣伝にもデメリットがあります。

それは宣伝効果に持続性がない事と、紙面に掲載できる情報に限りがあるということです。

折込チラシの宣伝効果は一般的に数日から1週間程度といわれており、あまり長いとはいえません。

そのため、消費者に強く印象づけるためには定期的にチラシを配布する必要があります。

またチラシの紙面に掲載できる情報には限りがあり、

読者に読みやすい紙面をデザインしたいと考えるのであれば伝えたい情報を取捨選択しなければなりません。

 


 

まとめ


 

折込チラシは特定の地域や日付に自社を宣伝したい、と考えている会社にとっては非常に有効な宣伝方法です。

どのような人や地域にアピールしたいのかを明確にし、

それをプロモーションするのに折込チラシが最適だと考えるのなら、折込チラシを使った宣伝をしてみましょう。

その際にはより広告効果を高めるためにも、配布地域をよくリサーチすることが大切です。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲