займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 思わず手に取りたくなる!パンフレットの表紙デザインのコツ

思わず手に取りたくなる!パンフレットの表紙デザインのコツのメイン画像

企業や商品のことを知ってもらうには、

テレビコマーシャルやチラシなど何らかの方法でアピールをする必要があります。

パンフレットも企業や商品のことを知ってもらうための重要なツールのひとつです。

内容を知ってもらうためには、置かれてあるパンフレットに興味を持って中身を読んでもらわないといけませんが、

手に取ってもらう入り口として表紙デザインが大きな役割を果たします。

ではどのような表紙がよいのでしょうか。

 

 


 

パンフレットにおける表紙の役割


 

パンフレットは店頭や施設などに置いて誰もが自由に持って帰ってもらうようにします。

持ち帰ったパンフレットの内容をしっかりと読んでもらうことによって、

初めて企業や商品のことについて知ってもらったりイメージアップにつながったりします。

そして内容に興味を持ってもらうことができれば、

その企業の商品やサービスを購入してもらうこともできるのです。

 

しかし、せっかくパンフレットを作っても、手に取って読んでもらわなければ効果がありません。

手に取って中身を読んでもらうためには、中身以上に表紙を重要視しなければいけません。

パッと目に入る表紙があまりインパクトのなく、魅力的でないと感じさせてしまうデザインだと、

手に取ってもらうこともできない可能性があります。

「パンフレットを見てもらえるかどうかは表紙にかかっている」といっても過言ではないのです。

 

 


 

表紙を作るコツ1:見やすいデザインにする


 

インパクトがあり、人の目を引くようなパンフレットにするためには、

カラフルな表紙を連想しがちですが、色をたくさん使ったからと言って目を引くというものでもないのです。

色を使いすぎるとどこを見ればよいかわかりにくく、あまり読みたいという気持ちになれない場合もあります。

それより、色は少なめでよいので企業が伝えたいことは何なのかが一目で分かることが重要なのです。

 

伝えたいことは文字にしないと分かりませんが、文字もたくさんあると読みたくなくなるものです。

シンプルな言葉で訴えかけ、

「詳細を知りたい」と思ってもらえるようなキャッチコピーやタイトルを入れるようにすると効果的です。

伝えたい言葉を見やすくするには適度に余白も必要です。また写真などを入れる場合は、

できるだけ鮮明で美しい画像を使うようにします。

 

 


 

表紙を作るコツ:内容をイメージさせる


 

伝えたいことを簡潔な言葉やイラストなどで見やすくすることは大切ですが、

性別や年齢層、業種など、どのような人に見てもらいたいのかを事前に設定しておくことも大切です。

見てもらいたい人によって興味が異なるので、高齢者向けの商品やサービスには高齢者のモデル写真を入れたり、

女性向けにはピンク色っぽい表紙のデザインにするなど、

見てもらいたいターゲットによって表紙の雰囲気を決めます。

 

表紙のデザインによって、それぞれのターゲットの人々が興味を持って目に留めてくれ、

さらに何を伝えたいパンフレットなのかが分かるように見やすく簡潔な言葉とデザインで、

内容をイメージしてもらうことが、パンフレットを手に取って見てもらうためのコツです。

 

 


 

デザイン事務所に依頼してみよう


 

企業がパンフレットを作成するうえで重要なことは、

シンプルでもよいのでキャッチコピーやタイトルを見やすく表示したり、

美しい写真を入れたりして、内容を見たいと思ってもらうような表紙デザインにすることが大切です。

しかし、魅力的なデザインを考えることは簡単ではありません。

経験豊富なデザイン事務所なら、

効果的なパンフレット作りのノウハウをよく知っているので、依頼をしてみるとよいでしょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲