займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 反響がある不動産チラシのデザインとは

反響がある不動産チラシのデザインとはのメイン画像

不動産販売のチラシを大量に制作してポスティングしたものの、

全く反応がない時にはチラシの作り方に問題がある可能性があります。

不動産チラシはちょっとしたツボを押さえることでイメージが変わるのです。

ではクライアントからの反響が期待できるデザインとはどのようなものなのでしょうか。

 


ターゲットを明確にする


 

例えば、ファミリー向けの物件を紹介するチラシには、

周辺環境や学校への距離などのコピーを大きく載せる方が効果的です。

逆に共稼ぎの夫婦向けであれば、利便性や駅までの距離などを大きく載せます。

つまり誰に何を伝えたいのかを明確にすることが大切です。

そのためにターゲットが好みそうなキャッチコピーや画像、デザインなどを使用するようにします。

特にキャッチコピーは、一番伝えたい文言を大きく載せて目立たせるようにしましょう。

ただし注意点として伝えたいことを全て載せると、

まとまりのない文章になってしまうので、コピーは出来るだけ簡潔な文言にすることが重要です。

 


画像を効果的に使う


 

コピー以外にも画像を有効利用することも大事です。

不動産チラシの場合、紹介したい物件の外観や内観、地図などの画像が多く使われる傾向にあります。

大事なことは、最も強調したい画像を大きく載せることです。

不動産チラシでは物件の外観を一番大きく強調します。

そして内観や間取り、地図などは大きさを揃えたり、余白を空けたりして見やすく配置するようにしましょう。

ただし画像を載せる際の注意点として、全ての画像を同じ大きさにしないようにすることです。

画像の大きさにメリハリがないと、全体的にぼんやりした印象になってしまうからです。

 


 

不動産広告のルールに注意


 

不動産広告を行う場合には、宅建業法で定められているルールに従わなくてはなりません。

それには「誇大広告の禁止」や「広告開始時期の制限」、「取引態様の明示」の3つがあります。

チラシ制作で特に重要な事は、広告に使用できない文言があることを知っておくことが大切です。

それは「完全」や「完璧」、「最高」などといった文言が該当します。

他にも「日本一」や「厳選」、「格安」という文言なども使用できません。

 

もしもこれらの文言をチラシに引用すると、

おとり広告と見なされ罰則の対象となってしまう為、チラシ制作の際には注意しましょう。

 


 

まとめ


 

不動産チラシ制作の際に大切なことは、

ターゲットとなる消費者に対して、わかりやすいデザインにすると効果的だということです。

もしも制作の際に良い案が浮かばない場合には、同業他社のチラシも参考にしてみるのも良いでしょう。

他にも不動産チラシの経験が多い、広告プランナーに相談するのもおすすめです。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲