займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 価格の違いがわかる!動画制作を依頼したときに含まれる主な費用

価格の違いがわかる!動画制作を依頼したときに含まれる主な費用のメイン画像

オフラインでのプロモーションに効果的な方法が、動画の制作です。

動画には分かりやすく人目を惹きつけるメリットがありますが、

一方で制作には思ったよりも費用がかかることが多く、

さらに制作会社ごとに見積もりに違いが生じる場合などもあります。

動画制作を検討する際にはその費用の詳細について、

事前にしっかりと確認しておくことが重要だといえるでしょう。

 

 


 

費用1.企画と構成


 

動画制作にかかる費用としては、まずは企画費・構成費があげられます。

企画費・構成費はその名称のとおり、動画の企画や構成を制作会社に依頼する費用になります。

プロモーションのための動画を制作する際には、

対象となるターゲット層や訴求したいメッセージなどを明確にした上で、具体的な内容を検討することが必要です。

プロである制作会社に依頼すればクオリティの高い企画・構成が実現しますが、その分だけ制作費は割高になります。

費用を節約したいのであれば社内で企画・構成を検討した上で、

決定したプランに基づいた動画の作成を制作会社に依頼するのが良いでしょう。

 

 


 

費用2.撮影技術


 

次に動画制作にかかる費用としては、撮影技術費があげられます。

撮影技術費とは撮影のために必要とされる費用全般のことであり、

その内訳としては人件費(カメラマン・音声スタッフ・照明スタッフ・出演者など)や、

撮影スタジオを利用した場合にはスタジオ利用料、出演者のメイクやスタイリングのための費用などが含まれます。

その他にはスタッフや出演者がスタジオやロケ地に移動するための交通費や、

レンタカーなどを使用した場合の車両費なども、撮影技術費に該当することになります。

 

 


 

費用3.動画編集


 

さらに動画制作にかかる費用としては、動画編集費があげられます。

撮影した素材を動画として完成させるためには、画像や音声などの編集作業が必要です。

動画編集費には編集スタッフやナレーターの人件費、編集スタジオや各種機材の使用料、

特定の音楽や画像などを挿入する際に支払いが必要な著作権料(使用料)などが含まれます。

動画編集費の額は撮影した素材にどの程度手を加えるかにより変化しますので、

できるだけ費用を節約したいのであれば動画をシンプルに仕上げることを検討しましょう。

 

 


 

まとめ


 

効果的なオフラインプロモーションを実現するためには動画のクオリティはもちろんですが、

さらにコストパフォーマンスに注目することが重要なポイントになります。

低コストで高品質な動画を制作するためには、

プロモーションの方向性を明確にした上で自分たちで企画・構成を立案し、

撮影技術費などプロの技術が必要な部分に予算を集約する方法をおすすめします。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲