займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 住宅パンフレット作成のポイントを紹介!成果につながるオフライン広告

住宅パンフレット作成のポイントを紹介!成果につながるオフライン広告のメイン画像

住宅パンフレットは、不動産成約につながる重要な役割を担うものです。

何気なく手に取ったパンフレットから購入意欲をかきたてられ、

実際に住宅を購入したという人も少なくありません。

この記事では、住宅の魅力を最大限にアピールしてより多くの不動産成約を獲得するために、

住宅パンフレット作成のポイントをご紹介します。

 

 


 

1.住宅パンフレットの役割は購入意欲を促進させること


 

住宅パンフレットの役割は、住宅のコンセプトや構造を伝えるだけではありません。

マイホームの購入は「一生ものの買い物」ともいわれるように、金額が大きいため不安を抱きがちです。

そこで、住宅パンフレットを通して前向きなイメージや夢を与えることで、

顧客の不安を払拭して購入意欲を高めることができます。

 

 


 

2.購入意欲を促進させる住宅パンフレットのポイント


 

その家に住むイメージが具体的になり、購入意欲が高まるパンフレットを作成するには、

どのようなポイントを押さえるとよいのでしょうか。

 

2-1.住宅の強みをシンプルに伝えられていること

 

その住宅ならではの強みが、明確かつシンプルに伝わる住宅パンフレットを作成しましょう。

あまりに多くの情報を盛り込み過ぎると、かえって魅力が伝わりにくくなります。

その住宅に住むことでどのような暮らしが手に入るのか、メリットが一目でわかることが大切です。

写真・デザイン・キャッチコピーが住宅の強みを表しているか、今一度確認してください。

 

2-2.購入に必要な情報が分かりやすく伝えられていること

 

夢を与えることも大切ですが、顧客にとって必要な情報をわかりやすく記載することも重要なポイントです。

顧客が求める情報には、物件の状態や設備、見取り図などがあげられます。

宅建業法に基づく情報も、信頼を得るのに役立ちます。ただし、情報を羅列するだけではうまく伝わりません。

掲載する情報を厳選し、レイアウトを見やすくするといった工夫も必要です。

 


 

3.代理店・制作会社の選び方


 

他社と差がつくパンフレットを作成するには、代理店・制作会社を活用するのも有効な手段の一つです。

ここでは、代理店・制作会社の選び方を紹介します。

 

3-1.デザイン部門と営業部門が社内で連携している

 

結果に結びつくパンフレットを作成するには、デザイン部門と営業部門が社内で連携している会社を選ぶとよいでしょう。

そのような会社では、営業部門が自社に最適な広告戦略を練り、その戦略に沿ってデザイン部門がパンフレットを作成します。

社内で情報を共有できるため、よりクオリティの高いパンフレットに仕上がるのです。

 

3-2.多数の媒体で実績がありデザインから納品まで依頼できる

 

対応している媒体が少ないと、効果的な広告戦略を展開できません。

多数の媒体で実績があり、媒体に応じた広告表現に精通している会社を選ぶことで、より高い効果を得られるでしょう。

また、デザインから納品まで一括して対応している制作会社なら、手数料などのコスト削減につながります。

 


 

まとめ


 

住宅購入においては、検討材料となるパンフレットが重要な役割を果たします。

クオリティの高いパンフレットを作成できれば、より多くの不動産成約につながる可能性があります。

顧客に響くパンフレットを作成するには、プロに依頼するのがオススメです。

毎月200本の印刷実績を誇る東邦プランに、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲