займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 人に読んでもらうためのチラシデザインのコツ

人に読んでもらうためのチラシデザインのコツのメイン画像

チラシで集客効果を得るためには、

ターゲットとなる人の目に留まり、読んでもらわなければなりません。

この記事では、人に読んでもらえるチラシを作るために、

どんなことに気を付けてチラシデザインをすればよいかを解説します。

 


 

1.ターゲット層を決める


 

チラシデザインを考える際には、

どんな人に見てもらいたいのかという、ターゲット層を明確にするのがコツです。

年代や性別、職業などが違えば、載せる内容だけでなく、最適なチラシデザインも変わってきます。

 

たとえば、若い女性を対象とするなら、かわいいデザインにすると受けがよいです。

不特定多数の人を対象とするなら、汎用性が高くシンプルなものが好まれます。

 

チラシデザインをする前にターゲット層を明確にすることで、

チラシにどんな演出効果を持たせるかを具体的に決められます。


 

2.メインカラーを決める


チラシデザインでは、色の使い方もポイントです。

色をたくさん使うと、まとまりがなく読みにくいチラシになってしまいます。

チラシに使う色は3色までに抑え、ターゲット層やチラシの中身に合わせた配色をするのがコツです。

 

また、色にはそれぞれイメージがありますので、

集客・宣伝したい媒体に合わせた配色を選ぶと効果があります。

たとえば、ガーデニング用品のお店なら緑を基調とした配色に、

ホットヨガスタジオなら元気で健康なイメージのオレンジ色を基調とした配色にするとよいです。

色使いが同系色だと、まとまりは感じられますが、地味にみえることがあります。

そこに鮮やかな色を加えることで、印象に残るチラシになるのです。

 

イベントチラシなど、表と裏の2面に印刷する場合、

表のイベント概要はカラフルにすることで読み手に印象づけができ、

裏の出演者プロフィールはモノクロにすることで読み手の理解を深められるという、

意味合いの異なるアピールをすることが可能です。


 

3.文字の配列を工夫する


どんなフォントを選ぶかで、チラシデザインのイメージは変わります。

チラシに使うフォントは、1種類に統一するとよいです。

1枚のチラシの中にいろいろなフォントを使ってしまうと、まとまりに欠け、見づらくなってしまいます。

 

チラシのなかで一番読み手に訴求したいキャッチコピーは、目に入りやすいように大きくし、

それに対する注釈は少し小さめにするなど、フォントの大きさにメリハリをつけることが、

読みやすいチラシを作るポイントです。

 

 


 

まとめ


集客効果を高めるために、人に読んでもらえるチラシデザインをするには、3つのコツがあります。

 

訴求したいターゲット層に合わせたデザインを選ぶこと、

色使いを多くしすぎず効果的な配色を選ぶこと、

フォントの大きさにメリハリを付けることです。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲