займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 一般的なパンフレットの内容と構成方法のコツ

一般的なパンフレットの内容と構成方法のコツのメイン画像

何か商品やサービスを周知したいとき、パンフレットはとても効果的です。

しかしながら、プロでない限りどのような内容を載せればいいのかとても悩むでしょう。

 

そこで、この記事では魅力的なパンフレットを作るための構成のコツを紹介します。

これをしっかりマスターして効果的なパンフレットを作りましょう。

 

 


一般的なパンフレット構成


 

サービスや商品を紹介するパンフレットの場合、骨組みは以下のようになります。

1.サービス・商品の概要を説明するリード文
パンフレットを手に取ったときに、一番目にする部分です。

紹介したいサービスや商品を端的に説明しましょう。

2.サービス・商品の特徴やアピールポイント
1で紹介した概要をより詳しく説明します。

他の会社とは異なるポイント、自社ならではの強みを前面に押し出しましょう。

3.商品やサービスの料金
費用がかかる商品やサービスの場合は料金を記載します。

ラインナップが複数ある場合は、表を使って示すとわかりやすいでしょう。

4.最終導線
パンフレットを手にした人に、最終的にしてもらいたい行動を記載します。

たとえば電話番号やホームページのURLなどが挙げられます。

「詳しくはこちら」などの一言を添えると、より次の行動へつながりやすくなるでしょう。


 

目的とターゲット層の決定


 

パンフレットを作る際には、それを作る目的とターゲットを明確にすることが大切です。
例えば、このパンフレットを見て、電話をかけてほしいのか、

それともホームページを見てほしいのかによって上記の4の最終導線の形は変わります。

 

イベントなどで実際に足を運んでもらいたいのであれば、

地図などアクセス方法も載せる必要があります。

まずはパンフレットを作ったその結果として、手に取った人にどうしてほしいかを明確にしましょう。

 

さらに、ターゲットとする人が個人なのか法人なのかによっても内容は変わります。

また個人でも、子供なのかお年寄りなのか、

男性なのか女性なのかによっても内容を変える必要があります。

パンフレットを作る前には、これらターゲットについてもしっかり決めておきましょう。

 

 


 

パンフレットの構成方法


パンフレットを作る目的とターゲットが決まったら、実際に内容を考えていきましょう。

むやみやたらに情報を載せると、ごちゃごちゃとわかりにくいパンフレットになってしまいます。

情報の取捨選択を心がけましょう。

 

コツは、まず載せたい情報を書き出してみることです。

それらが出そろったら、似ている情報をグルーピングしましょう。

それらグループごとに内容を精査し、本当に必要な情報だけに絞ります。

 

グルーピングすると、思いがけず内容が重複していることもあります。

これらを削ることで、すっきりとしたパンフレットになるでしょう。


 

まとめ


 

パンフレットを作る際にはその商品やサービスについてのあらゆる情報を掲載したいと思いがちですが、

それでは相手にとってわかりやすい構成にはなりません。

 

魅力的に伝えるための取捨選択が必要不可欠です。

もしパンフレットの構成を考えるのが難しい場合は、プロの業者に相談してみましょう。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲