займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン 一般的なチラシの構成と押さえたい作成のコツ

一般的なチラシの構成と押さえたい作成のコツのメイン画像

チラシなどオフラインでのプロモーションは、

インターネットが普及してオンラインの宣伝が増えている現在であっても、まだまだ効果的な手段です。

しかし、実際にチラシを作るとなると、内容をどのように構成すればよいか分からないという人も居るでしょう。

反響が出るようなチラシを作成するには、内容や構成にいくつかのポイントがあります。

ここでは、一般的なチラシの構成方法と、作成のポイントについて紹介します。

 


 

一般的なチラシの構成


一般的なチラシは、以下で紹介する5つの要素から構成されています。

 

まず1つ目が、キャッチコピーです。

伝えたい情報を一言で表す言葉のことです。

ここで伝えたい情報とは、チラシがターゲットとしている読者に対して、

商品やサービスの魅力をアピールするような言葉ということになります。

チラシの中で目に付く位置を自然と占めることになるため、

印象に残りやすく分かりやすい表現を心がけるようにすると、効果が出やすくなります。

 

次にリードコピーです。

これはキャッチコピーの内容を補足して、

キャッチコピーとボディーコピーの橋渡しをするような文章です。

 

3つ目がボディーコピーです。

商品やサービスを具体的に紹介する文章です。

 

4つ目はオファーです。

チラシを見ている人にとってお得になるような情報を提示して、

次のアクションを促すようにします。

例えば、「今申し込めば○○プレゼント」などの情報です。

 

最後の5つ目として、問い合わせ先を忘れずに掲載します。


 

掲載する画像の選び方


掲載する画像も、チラシの構成要素として重要な役割を果たします。
できるだけ多くの情報を盛り込もうとして、

小さな画像を枚数多く掲載しようとするケースがありますが、

それではどのようなことをアピールしたいのかが分かりづらくなります。

伝えたい情報のインパクトを強めるために、チラシに使用する画像は大きなものを選ぶのが効果的です。

何パターンかの画像でレイアウトを実際に作成して、どの画像が一番印象に残るか、

伝えたい情報がダイレクトに伝わるかを試してみると良いでしょう。

 

 


 

両面印刷での構成の注意点


チラシを両面印刷で作成する場合には、構成にいくつか注意点があります。
まず、キャッチコピーは表面にも裏面にも掲載するようにします。

しかしその際には、必ず表面の方が目立つようにします。

 

さらに、表面にはキャッチコピーとリードコピー、そして画像の中でも目立つものを掲載します。

裏面には詳細情報と情報のまとめを掲載します。

このように、表と裏が明確に分かるようにすることには、

チラシ読者の注目を逸らさないようにするという目的があります。

チラシを両面印刷することによって掲載できる情報量は多くなりますが、

そのためにアピールしたいことの焦点がぼやけてしまっては良くありません。

例え両面印刷であっても、本当に伝えたいことは表面に集約して、

読者に確実にアピールできるような構成にすることが大切です。


 

まとめ


 

一般的なチラシの構成を押さえておけば、伝えたい情報を余すところなく掲載できます。

それでも、自分で構成を考えるのが難しいという場合もあるでしょう。

その際には、経験のあるプロの業者に依頼することもお勧めです。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲