займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン リーフレット作成前に熟考したい3つのこと

リーフレット作成前に熟考したい3つのことのメイン画像

店頭やポスティングなどで配布されるリーフレットは、用紙1枚で作られる広告なので、

あまり多くの情報を載せることが出来ない特徴があります。

しかし掲載する情報を精査すれば、とても効果的な広告になります。

 

リーフレット作成の際におさえておきたい3つのポイントを説明します。

 


誰に伝えたいのか


 

リーフレット作成の初歩として大切な事があります。

それは作成するリーフレットを読んでほしい「ターゲット」をはっきりと決めておくということです。

つまり宣伝したい商品や、サービスに興味を持ちそうな人たちの層を絞り込む作業です。

それはターゲットの年齢や性別、職業や家族構成などを中心に考えていきます。

 

そしてターゲットを明確に絞る理由が二つあります。

一つ目はターゲットを絞ることにより、作成するリーフレットのコンセプトがはっきりするために、

デザインが決めやすくなるというメリットがあるためです。

ターゲットに合わせたデザインやレイアウトを考えることにより、

ひと際目を引くリーフレットが作れるようになります。

二つ目は、明確で分かりやすいキャッチコピーが作れるために、

情報の伝達がスムーズになるということです。

 


何を伝えたいのか


 

リーフレット作成の際には、以下のような三つの内容を記載することが大切です。

一つ目は基本情報の掲載です。

それは電話番号やメールアドレス、WebサイトのURLや所在地、他にも地図などの情報を事細かく載せます。

 

二つ目は商品やサービスの紹介です。

それを見た人が、購入してみたくなったり、試してみたくなるように出来るだけ魅力的に掲載します。

 

三つ目はキャンペーンやイベントの告知、割引クーポンなどを掲載することも大事です。

それを購入したり試したりすることにより、どのような得があるのかをきちんと掲示して、見た人の記憶に残るようなデザインにします。

ただし伝え方にも注意が必要です。

まずは伝えたいことの優先順位を決めることです。

リーフレットは伝えられることが限定されるために、一番言いたいことを優先しなければなりません。

つまり情報を詰め込みすぎないように文言を選んで作成することです。

 

他にもファーストインパクトを意識する事も重要です。

それを店頭などで見た人が、思わず手に取りたくなったり、関心を引くようなデザインのリーフレットを作る事です。

どんなデザインにするのか デザインを決める時に注意するべき点は、ターゲットの好みを分析することが大事です。

例えば若い女性向けであれば、かわいらしいものにしてみたり、親子向けであればキャラクターを入れるなどすると効果が上がります。

 

他にもターゲットやコンセプトに合わせて、書体や文字の大きさを考える事も大事です。

例えば高齢者向けであれば、字体を大きくすると読みやすくなります。

そして特に重要なことが、目立つところに最も伝えたい情報を入れることです。

例としてリーフレットが折なしの場合は上部に、二つ折りや三つ折りの場合は、表紙にイベントやキャンペーン告知などを入れると目立ちます。

 


 

まとめ


 

このように消費者の関心を得るリーフレットを作るには、それなりのテクニックが必要です。

さらに手間や費用も掛かります。

ですから効果的なリーフレットを作りたいと考えるならば、実績のある広告プランナーに依頼するのがおすすめです。

 

経験のあるプロに依頼すれば、より効果的で反響のあるリーフレットを作成することができるでしょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲