займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン リーフレットとパンフレットの使い分け

リーフレットとパンフレットの使い分けのメイン画像

企業や商品などを誰かに幅広く知ってもらう方法として広告を出すという方法があります。

紙媒体での広告として「リーフレット」と「パンフレット」が挙げられますが、その違いはご存知でしょうか。

 

この記事では、2種類の広告の違いや使い分けについてご紹介します。

 


 

リーフレットとは


 

まず、リーフレットは英語で「leaflet」と書きます。

この「leaf」は「葉」を意味し、これを語源とするリーフレットにも「小さな葉」という意味があります。

つまり、葉と同じように1枚ものの広告のことを「リーフレット」といいます。

印刷したリーフレットは二つ折りや三つ折りなど、折り曲げて使うことが多いです。

折り曲げることによってページを分けることができますので、

内容や項目に合わせて自由なページ配分をすることが可能となります。

最もシンプルなのは、紙の真ん中で2つに折り曲げた4ページ構成のものです。

その他、三つ折りにした6ページ構成のもの、四つ折りにした8ページ構成のものや、

ジグザグに折り曲げた「蛇腹折り」などがあります。

 


パンフレットとは


 

それに対してパンフレットは「pamphlet」と書きます。

語源は詩人の名前で、小冊子の詩集に由来し、製本されていない冊子のことを示しています。

1964年にユネスコ総会で明確な定義ができ、49ページ以上の刊行物を「本」としたため、

小冊子であるパンフレットは「5ページ以上48ページ以下」とされました。

同じ製品紹介として用いられることのあるカタログとの違いは、

カタログが全商品あるいはカテゴリごとに分けられていて多くの商品を総合的に紹介するのに対し、

パンフレットは1商品あるいは、少数の商品について深く紹介しているという点です。

商品のスペックや、開発の経緯などの情報を記載することにより、「読む」ことを目的としています。

 


 

それぞれの活用方法


 

では、この2つの広告媒体について具体的な活用方法をご紹介します。

 

#リーフレット
リーフレットは、あくまで1枚ものの紙媒体です。

つまり、最大でも情報は紙の表裏2枚分しか記載することができません。

そのため、多くの情報を一度に提供するのではなく、

イベントごとやキャンペーンの告知など多くの人に低予算で配布することを目的としているときに向いている広告方法です。

イベント会場など、会社以外の場所で配布する時も、持ち運びやすいというのが利点です。

 

#パンフレット
小冊子のパンフレットは、ページ数を増やすことでいくらでも情報を詰め込むことが可能です。

そのため、伝えたい情報をすべて記載するだけでなく、会社の沿革など、相手に信頼感を与えるための情報も載せることができます。

会社から取引先の会社、あるいは顧客とじっくり話をする機会がある場合の説明にはパンフレットが向いているでしょう。

 


 

まとめ


 

2つの紙媒体による広告ですが、どちらを使用するにしても「相手の読みやすさ」を重視することが大切です。

リーフレットはあくまで1枚ものですので、多くの情報を記載してしまうと読みにくくなります。

載せる情報は必要なものだけにし、折り方を工夫することでより一目でわかりやすいものにすることが可能です。

パンフレットも、ページ数を増やしすぎると、どこを読むと情報を得られるのかがわかりにくくなってしまいます。

パンフレット自体の内容がぶれないように注意が必要です。

 

2つの媒体を使い分けることにより、相手にとってわかりやすい情報提供をすることが可能ですので、

伝えたい内容や目的に合わせて使い分けを行いましょう。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲