займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン ポイントは3つ!商品パンフレットの作り方

ポイントは3つ!商品パンフレットの作り方のメイン画像

パンフレットは、紹介したい商品の情報を数多く小冊子に掲載できるのがメリットです。

重要なのは、誰にでも読みやすく分かりやすい情報紹介にすること。

そこでここでは、商品紹介パンフレットを作るときに注意したいポイントを3つにまとめてみました。

 

 


目的とターゲットを考える


 

パンフレットは、自由度が高い情報ツールです。

だからこそ、誰に何を伝えたいのかは強く意識しておく必要があります。

目的とターゲットを絞れることで、読む人の集中力が高まり興味をそそられます。

特に、ターゲットは具体的に細かく設定するのが効果的です。

一般消費者が対象なのか、業者を対象としているのかは大きな切り口となります。

商品について詳しい人をターゲットとしているのか、

何も知らない人をターゲットにするのかによっても掲載する情報や構成が違ってくるでしょう。

 

 


 

コンセプトを決める


 

目的とターゲットが決まったら、次に決めるのはコンセプトです。

コンセプトは、商品やサービスの方向性を意味します。

 

パンフレットを読む人にしてみれば、自分に必要な企画なのかを見極めるポイントです。

ということは、コンセプトは目的とターゲットに合わせる必要があるわけです。

例えば商品知識がない人がターゲットなら、よりわかりやすく楽しめるような記事が適しています。

商品知識がある人向けなら、より詳しい商品情報を提供する記事が魅力的です。

 

 


 

商品をグループ分けする


 

パンフレットに掲載する商品は、グループ分けすると見やすくなります。

おすすめしたい商品がいくつもある場合、情報が整理整頓されていたほうがまとめやすくなります。

読者にとっても、頭の中で情報の理解がしやすくなるはずです。

 

例えば、特徴別・用途別・品種別などの他、独自のグループ分けをしてみるのも他社との差別化につながります。

新製品が追加されたときにも、カテゴリー別に分類してあると何が新しくなったのかがわかりやすくなるでしょう。

 

 


 

まとめ


 

パンフレットは、思いついたときや目に入ったときすぐに手に取って眺めることができます。

多くの場合は商品やサービスを探したいという明確な目的を持って見ますが、

ときには新しい発見を求めて何気なく開くときもあるでしょう。

長く保管してもらえる可能性が高いのも、メリットの一つです。

 

こうした長所を活かすには、見る人が便利で役立つと感じるパンフレットを作ることが大切です。

自社に興味を持ってもらう構成は、わかりやすいこと、楽しく見られるものにする必要があります。

パンフレットの作り方に迷ったら、専門家に相談してみるのも一つの方法です。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

 

PAGE TOP ▲