займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン パンフレットのデザインで参考にするべきもの

パンフレットのデザインで参考にするべきもののメイン画像

パンフレットを作成しようと思った時、アイデアが浮かばないと焦ることもありますよね。

そうならならないためにもたたき台となるパンフレットやイメージがあると助かります。

アイデアの参考にこれらを参考にしてみてはどうでしょうか。

 

 


 

情報量が豊富なリアルのパンフレット


まずは、パンフレットそのものを参考にする方法があります。

パンフレットが配置されているところへ出向き、

紹介している商材とパンフレットの関係を見ることも大切です。

パンフレットの大きさや紙の質、厚さ、情報量を確認し、

そこに記載されている商材に対してのアプローチが妥当かどうか自分なりに検証をしていく作業がおすすめです。

 

展示会や見本市などに足を運ぶと、商材とパンフレット、営業担当者を通じて

どうしてそのパンフレットになっているのかを感じることもできます。

人が集う場所ですので効率よく多くの検証をすることができます。

 

 


 

手元に置いて何度も見るなら書籍


パンフレットといえば、ポスターのように人を引き付けて情報を伝える芸術的側面も強くあります。

そのため、パンフレットに関する書籍も多く発行されています。

アマゾンや紀伊国屋等の大型書店には取り扱いもあります。

書籍としてまとめられたパンフレットを見ることで価値のあるものをまとめて見られるメリットがあります。

編集者や、出版元の意図や時代の流れも感じることができ、指南書にも成りえますし、

古いものに新しいアイデアやデザインを盛り込もうとする際にも有効に使うことができます。

また、新しい担当者にパンフレットとはこういうものだと、体系的に差し出すこともできます。

手元に置いておくことで何度も確認ができますし、時間がたっても保存しやすいというメリットもあります。

 

 


 

手軽にたくさん見たいならネットやSNS


さっと、キーワードが浮かんできたときや、手軽にパンフレットを検索したいときは

やっぱりネットやSNSがおすすめです。

 

パンフレットのまとめページを検索すればすぐにたくさんのパフレットの資料を手に入れることができます。

またキーワードで検索をすることで、直接関係するものだけでなく、

間接的に関係あるものやネットやSNS内で関連付けられているものが検索結果に出てきたりします。

自分たちで思いつかないところと関連したものを見つけられるメリットもあります。

 

 


 

まとめ


パンフレットの情報を集めるにはいろいろな方法があります。

ただ、パンフレットはただ印刷するだけではありません。

どんな種類の紙にどんなメッセージを載せるのかたくさんの選択肢があります。

いろいろな側面から作り上げていく必要があります。

そのため、パンフレットを作るためにはプロの制作会社にお願いするのも有効な方法の一つです。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

毎月限定5社 無料診断毎月限定5社 無料診断 PAGE TOP ▲