займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン パンフレットとリーフレットの違いを紹介!

パンフレットとリーフレットの違いを紹介!のメイン画像

一般にパンフレットやリーフレットと言うと商品の概要を説明したり

様々な情報が記載してある冊子を連想する方もいるのではないでしょうか。

 

しかしパンフレットとリーフレットの違いと言われても上手く説明できないということも。

そこで、プロモーション用のパンフレット・リーフレットを作成しようと考えている方のために

それぞれ特徴や情報量、目的の違いを紹介します。

 

 


 

ページ数の違いによる定義


 

まずパンフレットとリーフレットの違いですが、

これはユネスコによって以下のように定義されています。

 

パンフレットは5ページ以上49ページ未満の物、そしてリーフレットは1枚刷りの印刷物です。

つまり最も大きな違いはそのページ数ということなんですね。

また一枚の紙を二つ折りや三つ折りにしたものも、

ページ数自体は1ページとなるのでリーフレットに区分されます。

ミニパンフレットや折りたたみパンフレットと呼ぶこともありますが、

紙自体が一枚しか無いのならリーフレットですので、注意しましょう。


 

掲載できる情報量の違い


ページ数の関係から必然的に掲載出来る情報量もそれぞれ大きく変わってきます。

パンフレットは数ページに渡る冊子ですので、その分掲載できる情報量は増加しますし、

更に情報量を増やしたい場合はページを増やせばいいだけなので

様々な情報を多く掲載することができます。

 

対してリーフレットは一枚のみなので、

折り方を二つ折りや三つ折りにしても掲載できる情報量はパンフレットと比べ大幅に少なくなります。

リーフレットでも掲載する文字のサイズを小さくすれば情報量を増やすことはできますが、

そうすると文字が読みづらくなり効果が低減してしまう恐れがあります。


配布する目的や役割の違い


違いだけを見ると、多くの情報量を掲載することができるパンフレットのほうが

プロモーションとしては効果的のように見えますが、

パンフレットとリーフレットは配布する目的や役割によって適しているかが変わってきます。

 

多くの情報を掲載出来るパンフレットは複数の商品やサービスを紹介したい場合に、

対してリーフレットは情報量が少ない分一つの商品を重点的に紹介したい時に向いている媒体ですので

プロモーションしたい商品が複数あるか、一つだけかによってどちらを採用するか決めましょう。

 

またリーフレットは紙一枚という特性上、非常にコンパクトになるので

店頭や町中で手軽に配布したい場合に効果的です。

 

 


まとめ


 

パンフレットとリーフレットの違いをご紹介しましたが、

それぞれメリットとデメリットが存在しています。

 

プロモーションしたい商品の種類や特徴によってパンフレットとリーフレットを使い分けることで、

そのプロモーション効果を大幅に高めることができるので、

ぜひパンフレット・リーフレットそれぞれの利点を理解した上で

商品に最適な媒体を選んでみてください。

PAGE TOP ▲