займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン チラシ制作で使用するイラスト選びの注意点

チラシ制作で使用するイラスト選びの注意点のメイン画像

チラシ制作で写真やイラストを使用すると、

それを見た人に短時間で多くの情報を伝えやすくなります。

なかでも、イラストはやわらかで親しみ安いイメージや独創的で

インパクトのあるイメージなどを作りやすくなるのが魅力です。

 

そこで、ここではチラシ制作でイラストを使うときの注意点についてまとめました。

 


イラストを使うメリット


 

チラシにイラストを使う主なメリットとしては下記の2つが挙げられます。
1.コンセプトを視覚的に伝えやすい
2.イラスト自体の魅力で関心を引きやすい

写真やイラストには一見しただけで多くの情報を伝えやすいという特徴があります。

このうち、製品や商品の情報を正確に伝えたいなら写真が最適です。

チラシそのものに対する信頼性も上がりやすいでしょう。

 

しかし、イラストが描かれた商品を思わず

「かわいい」と手に取ってしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

チラシでも同様に、イラスト自体の持つ魅力で顧客の関心を引くことが可能です。

とはいえ、イラストに対する好みには個人差が大きいため、

チラシのターゲットにマッチするイラストを使うことがポイントになってきます。

 


 

イラスト素材を用意する方法


 

チラシでイラストを使うことを決めたら、その素材を用意しなくてはなりません。

 

その方法としては下記のような3通りがあります。
1.自分で描く
2.フリーのイラスト素材を利用する
3.プロに依頼する

まず、注意しなくてはならないのがイラストには著作権があるということです。

ネットで拾ったイラストをそのままダウンロードして使うと著作権侵害で訴えられる可能性があります。

フリー素材として配布されているイラストの場合も、

「使用にあたっては権利者に連絡する」「商用不可」

などの取り決めが明記されていることがあるためしっかり確認しましょう。

 

また、自分でAdobe製品やフリーソフトなどを使ってイラストを描くのも1つの方法です。

ただし、既存のキャラクターにも著作権があるため、

承諾を取らずに加工して使うのは厳禁です。

単に似ているだけでも訴えられることがあるため注意しましょう。

Google画像検索を使えば、似たイラストがほかにあるかどうかが簡単に探せます。

 

著作権が心配だったり自分で効果的なイラストが描けなかったりする場合は、

プロに依頼するのも良い方法です。

ただし、イメージどおりのイラストを描いてもらうためには、

完成イメージを具体的に指示することが重要です。

「かわいいもの」「ふわっとしたイメージ」などといったあいまいな指示では依頼料が無駄になりかねません。

 


イラストを選ぶ際の注意点


 

イラストを選ぶときには、下記のような3つの点に注意しましょう。
1.フリー素材なら商用可能かどうかを確認する
2.コンセプトに合うイラストを選ぶ
3.イラストを厳選し、使いすぎない

一口にフリー素材といってもその使用条件はさまざま。

個人での利用だけが可能で、商用の使用は認めていないというケースもあります。

ダウンロードする前に必ず使用条件を確認しましょう。

 

また、2018年末には、海賊版と知りながら著作物をダウンロードすると著作権侵害に問われる、

いわゆる「静止画ダウンロード違法化」を進める方針が政府によって示されました。

ネットにアップされた写真やイラストなどを利用するときには要注意です。

とはいえ、これに反対する動きも強まっており、今後の動向から目が離せません。

 

そもそも、イラストをチラシに使うときは、コンセプトに合っているかどうかが最重要ポイントとなります。

チラシ作成にあたっては、どんな内容を誰に伝えるのかを最初に明確にしなくてはなりません。

イラストそのものが良い作品でも、コンセプトとターゲットに合っていなければ希求性が低くなってしまうのです。

 

また、イラストや写真は一瞬で人目を引きやすい反面、複数あると視線がぶれてしまいがちです。

見るのがめんどうだと思われると、捨てられてしまう確率も上がります。

イラストは使いすぎず、厳選するよう心がけることが大切です。

 


 

まとめ


 

チラシ制作に使う魅力的なイラストをオリジナルで描くのは容易ではないでしょう。

商用可能なフリーのイラストはすでにほかで使われている可能性も高く、

「どこかで見たことがある」と顧客に思われるとマイナスイメージになりかねません。

オリジナリティがありコンセプトが伝わるイラストを用意するなら、

著作権に詳しいプロに依頼するのも1つの方法です。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

毎月限定5社 無料診断毎月限定5社 無料診断 PAGE TOP ▲