займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン チラシのタイトルはフォントで目を引こう!

チラシのタイトルはフォントで目を引こう!のメイン画像

チラシは人の目を引くように作る必要があるのですが、

そこで重要なポイントとなってくるのがチラシのタイトルに使うフォント選びです。

 

今回は目を引くタイトルのフォント選びや使い方、注意点について解説していきます。

 

 


 

フォントの役割とイメージ


 

フォント選びをする前にまず知っておくべきなのが、

フォントが持つ役割とそのイメージです。

実はフォントはその種類によって役割やイメージが異なっており、

それによって出来上がったタイトルやチラシのイメージも大きく異なってきます。

例えば角ゴシックには固いイメージがあるため、

重要なお知らせをする時など真面目な内容を印象付ける役割があります。

 

それに対して同じゴシックのフォントでも丸ゴシックは

柔らかい・優しい印象を与えることができる効果や役割があるため、

どこか可愛らしい・親しみのあるイメージがつくのです。

 

このように同じ名前のフォントでも種類によって役割やイメージが異なっているため、

違うフォントになればさらに役割やイメージがどんどん変わってきます。

そのためフォントを選ぶ時には作成するチラシがどのような内容のものなのか、

何のチラシなのかを考える必要があります。

その上で、内容に見合った役割やイメージに合うフォントを見つけることがポイントです。

ただフォントの種類は役割やイメージが似ているからと言って多用すると見づらくなるので、

本文に使うものと合わせて2種類程度に押さえる事や読みやすいフォントを選ぶことも重要なポイントとなっています。

 

 


 

タイトルフォントの崩し方


 

チラシのイメージに見合ったフォントを選んだ後に考えなければいけないのが、

タイトルフォントの設定です。

本文と違って一番人目に触れる部分であるタイトルは、

本文よりもデザイン性があるフォントを活用することで

目に留まりやすくすることができます。

また既存のフォントをある程度崩してアレンジしてみるという方法もあり、

ほかのチラシよりも強いインパクトと独創性を演出することが大切です。

ただし本文フォントのイメージとあまりかけ離れた崩しやアレンジは、

チラシ全体のまとまりがないように見えてしまいます。

例えば本文に明朝体を利用するのであれば

タイトルもそれに近いものを利用するなど、

ある程度フォントのまとまりを維持することもポイントとなっています。

 

実際に利用されている既存のフォントの崩し方・アレンジ方法としては、

例えば文字の間を空ける・文字の一部を分断する・一部分を伸ばすなどの

シンプルなものが挙げられています。

 

これらの方法はフォントをあまり崩さないところがポイントで、

ほかにも斜体にしたり手書き風にするという方法も効果的です。

また大きなアレンジとして

カリグラフィー風にする・ワンポイントを入れる・図形で囲むなどの大胆な方法も挙げられており、

こちらのアレンジ方法だとよりオリジナリティを強調することができます。

 

ただしフォントを崩し過ぎたりアレンジにこだわり過ぎると、

かえって文字そのものが見づらくなってしまうこともあります。

そのため崩しやアレンジのバランスや加減、本文フォントとの兼ね合いに注意が必要です。

 

 


 

フォントの著作権に注意!


 

チラシ作成で様々なフォントを利用する際、

注意しなければいけないのがフォントの著作権です。

実はフォントファイルは著作物として扱われていて、

書体そのものの著作権は認められていないものの、

データやプログラムとしては著作権が認められているという側面を持っています。

このような特徴から、フォントを取り扱う際には著作権が絡みやすいため気を付けなければいけません。

特に注意しなければいけないのが、チラシのタイトルを商品と連動させる場合です。

基本的にフォントファイルは商用配布としての利用は認めていないものが多いため、

チラシタイトルにするなど自社の商品ロゴのように取り扱っていると

著作権の規約に違反してしまう恐れがあります。

 

実際に自社の商品ロゴのように取り扱ってしまったことで問題に発展したケースも多く、

場合によっては裁判に発展してしまう可能性も考えられるのです。
これはフリーフォントと呼ばれる自由配布されているフォントファイルも同様で、

規約を設けているところでは無断での商用利用を禁止しているケースが多い傾向にあります。

 

このためチラシのタイトルはもちろん本文にフォントを利用する際には、

チラシの使い方やフォントの使用目的によっては

規約や著作権を所有している相手に確認・許可を取っておくことが大切です。

 


 

まとめ


 

フォントは種類によってイメージがあるため、

チラシの内容に合った見やすいものを選ぶことが大切です。

ただフリーフォントでも使い方によっては注意が必要であり、

 

特にデザインフォントの使用に関する許諾についてはまずプロへ相談することがおすすめです。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲