займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン ダイレクトメール(DM)の作り方!最低限押さえておきたい3つのポイント

ダイレクトメール(DM)の作り方!最低限押さえておきたい3つのポイントのメイン画像

ダイレクトメールは、新商品の紹介やイベント告知など幅広い業種で使われている宣伝手法です。

ですが、レスポンスの高いダイレクトメールには一見シンプルに見えるデザインの中に効果を高める重要なポイントが隠されているのをご存知でしょうか。

そこで今回の記事では、効果的なダイレクトメールを作成するために最低限押さえておきたい3つのポイントについて解説します。

 


 

ダイレクトメール(DM)の作り方1:コンセプトの明確化


 

ダイレクトメールを作る時のプロセスはいくつかありますが、最初に行うべきは「コンセプトの明確化」でしょう。

ダイレクトメールで高いレスポンスを獲得するには、

対象となるターゲットを具体的にイメージしつつ知らせたい内容を分かりやすく伝えなければなりません。

ですが、新商品の告知をはじめ新規顧客獲得やキャンペーン告知など、

ダイレクトメールの目的が違えばターゲットの対象はもちろん記載する内容もガラリと変わってしまいます。

つまり、ダイレクトメールを送付するコンセプトを明確にしてこそ何をメインに記載すべきか、

どのターゲットを対象にすべきかなど成否を分けるポイントが見えてくるのです。

 

 


 

ダイレクトメール(DM)の作り方2:情報の取捨選択


 

読み手の興味を引くダイレクトメールには、一目で内容が伝わるという共通点があります。

その反面、大量の情報が細かく詰め込まれたダイレクトメールは見づらいだけでなく、

読み手の興味まで奪い兼ねません。そこで重要なのが「情報の取捨選択」です。

まずは明確にしておいたコンセプトをメインにし、

次に伝えたい内容の中から重要性が高くコンセプトに欠かせない項目を選びましょう。

たとえば、新商品の告知なら効果の説明や役立つシーンが、新規顧客の開拓なら来店に繋がる地図が有力候補になります。

 

 


 

ダイレクトメール(DM)の作り方3:わかりやすいレイアウト


 

ダイレクトメールのレイアウトは、インパクトだけでなく見やすさや内容の伝わりやすさに直結する代表的な要素です。

余白を含めてバランスの整ったレイアウトなら、

Webページに比べて表現できるスペースが限られているダイレクトメールでも高いレスポンスが期待できます。

具体的なデザインとしては、活字の説明を短くシンプルにしたうえで視覚的に訴える手法が効果的です。

サービスの対象となるターゲット層をイラストや実写で載せる、

もしくは製品を使った効果をストーリー仕立てにしたデザインなどもメリットが伝わりやすく読み手の興味をそそります。

 

 


 

まとめ


 

伝えたい情報をもれなく記載したい反面、読みづらいと期待した効果が見込めないのがダイレクトメールの難しさ。

記載すべき情報量と見やすさのバランスをとるには、

少なくとも今回の記事でご紹介した3つのポイントを押さえておきましょう。

「自分では情報の取捨選択ができない」「レイアウトが決まらない」という場合は、

ダイレクトメールのプロに相談してみるのも一つの方法です。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲