займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン カタログの表紙をデザインする際のポイント

カタログの表紙をデザインする際のポイントのメイン画像

カタログの表紙デザインは、

そのカタログの第一印象を左右するとても重要なものです。

また、カタログ全体の印象にも大きく影響します。
そこで今回は、カタログの表紙をデザインするにあたって

注意すべき点やデザインのポイントについて紹介します。

 

 


 

誰にどう見られたいか


 

カタログの表紙デザインを決める前に、

まずは、「そのカタログを誰にどう見られたいか」を考えましょう。

ターゲットの客層に手に取ってもらえるような、

また、開いて中を見てもらえるようなデザインであることが重要です。

そして、「顧客にどんなイメージを持ってほしいのか」

ということを明確にすることもとても大切です。

これらのことがしっかり決まっていないと、

表紙のデザインはあいまいなものになりがちです。

デザインには「これが正解だ」と言えるような

はっきりとした基準はないですが、やはり

ターゲットの印象に残るデザインを目指すことが必要です。

 

 


 

デザインする際の注意点


 

ここでは、カタログの表紙をデザインする際に

注意する5つのポイントについて紹介します。

まず1つめのポイントは、

「何のパンフレットなのかがシンプルに伝わるデザインを目指すこと」です。

デザインにこだわることも必要ですが、

忘れないようにしたいのが、カタログの表紙としての分かりやすさです。

情報やアピールしたい商品などを盛り込みすぎると、

最も伝えたいタイトルやキャッチコピーが

目立たなくなる場合があるからです。

 

2つめのポイントは、

「アイキャッチとなる写真やイラストを吟味すること」です。

カタログの第一印象は、

そこに使われた写真やイラストなどに大きく左右されるからです。

そして、第一印象が良いほど、

カタログの中身にも関心をもってもらいやすくなります。
また、注意したいのが、写真やイラストなど、

使用した素材が他社の広告媒体と重複していないかどうかです。

そのような問題を避けるために、無料の素材などではなく、

自社で準備した素材を使用するようにしましょう。

 

3つめのポイントは、

「ブランドとして印象に残るよう意識すること」です。

表紙だけでは、カタログに掲載した商品の

詳細情報を伝えることはできませんが、

それらの商品を取り扱うブランドの全体的な

コンセプトを伝えることはできるからです。

カタログを目にしたターゲットから、

「このブランド、気になる」と思ってもらえるように、

アピールできる表紙にしましょう。

 

4つめのポイントは、

「色を使いすぎないようにすること」です。
色が多くなればなるほど、ごちゃごちゃと分かりにくい表紙になります。

何色まで、という決まりはありませんが、

多くの色を使いたい場合は、

そのうちの何色かを同系色で構成するなどして、

バラバラな印象を与えないように工夫しましょう。

 

最後に、5つめのポイントですが、

「イメージに合うようにフォントにもこだわること」です。

使用するフォントは、2種類から3種類にまとめると見やすくなります。

それ以上は、文字の大きさや太さを変えることで対応すると、

すっきりした印象のままアクセントをつけることができます。

 

 


 

背表紙のデザインも重要


 

表紙に気を取られすぎて忘れてはならないのが、背表紙のデザインです。

顧客がカタログを本棚で保管する場合も多くあると考えられるため、

背表紙についても、どのブランドのカタログか

判別しやすいデザインにしておく必要があります。

競合他社のカタログと並べられた場合、

判別しやすく、手に取りたくなるようなデザインを目指しましょう。

 

 


 

まとめ


 

カタログは、表紙のデザインで印象が大きく違ってしまいます。

そのため、顧客に訴えかけることのできるデザインを

採用することは、とても重要です。
どんなデザインにすべきか迷ったら、

デザインのプロに依頼するのがおすすめです。

 

その際、カタログの制作実績が豊富な

「東邦プラン」なら、安心して依頼できます。

 

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

◆【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ◆

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲