займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン エステのチラシづくりにおける基本と注意点

エステのチラシづくりにおける基本と注意点のメイン画像

競争の激しいエステサロンでは、適切なプロモーションをしなければいけません。

チラシは手軽に使える宣伝方法で、集客にも利用しやすく便利な方法です。

ただチラシ制作にはコツがあるので、基本的な所から学び特徴を把握しましょう。

 


ターゲット層を絞り込む


 

エステサロンには多くの種類があって、男性が訪れるお店も存在します。

若い人向けのお店もあれば、ある年齢以上の方が多く来る所もあります。

お店の宣伝をする時はそのような特徴を理解し、ターゲット層を決めなければいけません。

なぜならチラシを作るのには費用がかかるため、

特定の層に集中してプロモーションする必要があるからです。

ターゲット層を決める時に考えておきたいのは年代、性別、職業、家族構成などで、

指定する条件が多いほど特定の層に対するプロモーションが行なえます。

 

お店が重視すべきターゲット層が把握できれば、より具体的なコンセプトのチラシを作れるようになります。

 


 

掲載する内容をまとめる


 

初めてお店に来る方はどのような所なのか心配で、不安を感じながら訪れる場合が多いです。

そのような方に安心して入店してもらうためには、

事前に十分な情報を提供しておかなければいけません。

 

エステサロンのチラシを作る時に重要になるのは基本情報で、

営業時間、料金、メニュー、予約や支払い方法などを明記する必要があります。

またお店の魅力も伝えなければいけないため、

コンセプトや施術内容の説明も重要です。

他のお店にはない独自サービスがあれば、

良いアピールポイントになるので掲載しておくべきでしょう。

 


 

チラシ制作における注意点


 

興味を持たれるチラシを作りたい時は、特別な美容効果があると宣伝する方法があります。

以前は規制がゆるくそのような形もできましたが、

2018年6月にルールが変わり広告が規制されるようになりました。

 

厚生労働省が規制したのは、美容クリニックなどで行われる医療行為です。

しかしエステサロンにも影響があるため、

チラシを作る時は注意しなければいけません。

お店のチラシでは良くビフォーアフター写真が使われますが、

安易に利用するとトラブルになります。

最近の写真はデジタルデータなので簡単に加工できますが、

そのような対応をすると処罰される可能性があります。

 

また非現実的な内容のビフォーアフター写真は、

問題になるので気をつけなければいけません。

チラシを作る時は薬機法、景品表示法に注意し、違法でない形で行う必要があります。

 


まとめ


 

宣伝のためにエステサロンのチラシを作る時は、ターゲット層の絞り込みがとても重要になります。

また、ターゲット層を調べ、掲載内容を洗い出した後は、

その内容が薬機法、景品表示法に反していないか確認することも大切です。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

毎月限定5社 無料診断毎月限定5社 無料診断 PAGE TOP ▲