займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン イメージ通りにデザインして貰う依頼のコツ

イメージ通りにデザインして貰う依頼のコツのメイン画像

デザインを依頼したくてもイメージ通りのデザインになるか心配という方も多いかもしれません。

確かに他者に明確なイメージを伝えるのは難しいことです。

微妙な表現や受け取り方からイメージと違った仕上がりになり、

満足できないこともあります。

 

今回はそのような方のためにイメージ通りにデザインしてもらう依頼のコツを解説していきます。

 


 

発注は期間の余裕を持って


 

イメージ通りにデザインしてもらうためには期間の余裕を持って発注することが大切です。

デザイン会社の利用経験がない、デザインについてよくわからない、

という方は、デザインは一日二日あればできると思っている場合がありますが、

作成するまでに意見をすり合わせるという作業は重要なことであり時間をかけることも多いのです。

 

また、どんなに実績が高く信頼できる業者であっても

自身がシステムを理解していない場合、その分時間がかかるといえます。

特に画像やイラスト制作はレイアウト、余白の調整など、

デザインの作業自体が細かく抽象的な表現もあるため、理想の形に仕上げるには何度も修正が必要です。

ですからチラシなどのデザインを依頼したい場合は必要な日から逆算して

余裕を持って依頼しなければなりません。

 

どの程度日数がかかるのかわからない、期間が迫っているという場合は、業者に確認しましょう。

 


 

イメージは具体的に伝える


 

業者にイメージ通りのデザインを作成してもらうためには具体的に伝えなければなりません。

「バシッとした感じで」「バン!という感じで」など、

抽象的な表現では受け手によって解釈が変わるものです。

 

せっかく良いデザインを思いついても相手にうまく伝わらなければ、

イメージとは違う完成品が上がってくる可能性もあるため配慮が必要だといえます。

 

たとえ優秀な担当者やデザイナーであっても依頼者側が上手く伝えなければ

理解が難しく満足のいくデザインを作成してもらうことができません。

ですから、デザインを依頼する場合できるだけイメージを具体的に伝える努力が必要です。

 

業者側に、より正確なイメージを伝えるためには競合他社のデザインや、

イメージに近いデザインの見本を提示すると良いでしょう。

そうすることで具体的イメージが業者に伝わりやすくなります。

 


社内でイメージを共有する


 

イメージ通りにデザインしてもらうためには社内でイメージを共有することが大切です。

会社の場合、デザインを依頼する担当者が「このイメージだ」と思って依頼をしても、

上司との意思疎通ができていないと、「これじゃない」といわれてボツになるケースもあります。

そのような場合は作成し直す必要があるため、さらに時間がかかってしまいます。

自身が納得できるデザインでも

会社のイメージにそぐわなければ意味がありませんし非効率になってしまいます。

ですから業者に依頼する前に、

まず社内で意見をすり合わせイメージを共有しておくことが大切です。

 


 

まとめ


 

イメージ通りにデザインをしてもらうには、

どのようなデザインがいいのかを明確にしておくことが大切です。

イメージが明確でなければどんなに実績のある業者でも

満足のいくデザインに仕上げてもらうことは難しいものです。

 

ですから依頼する場合は具体的に伝えるという配慮が必要です。

経験がないためどうすればいいかわからない、

相談したいという場合はまず直接業者に質問してみることをおすすめします。

そうすることで疑問や不安を解消し安心してデザインを依頼できるでしょう。

 

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

毎月限定5社 無料診断毎月限定5社 無料診断 PAGE TOP ▲