займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

コラム

タイトルアイコン イベントチラシでがっつり集客!デザインのコツを3つ紹介

イベントチラシでがっつり集客!デザインのコツを3つ紹介のメイン画像

イベントチラシは、イベントの内容を告知するだけでなく、

見た人に「イベントに参加してみよう」という気にさせる広告媒体としての役割ももっています。

この記事では、集客に効果的なイベントチラシのデザインのコツについて紹介していきます。

イベントで大勢の方に参加してもらい、イベントを盛り上げたいと思っている方には必見の内容です。

 


 

1.必要な情報はしっかりと明記する


 

まず、チラシには参加に必要な情報が記載されていなければなりません。

開催日時、開催場所、チケットの価格や参加費といった重要な情報は、必ず記載しましょう。

これらの重要な情報は、フォントを大きくする、太字にする、はっきりとした色を使用する、などして

目立つようにし、見やすくするように心がけましょう。
さらに、参加に必要なユニフォームやドレスコード、

当日必要な持ちもの、注意点などもある場合は忘れず記載しましょう。
その他、イベントへの参加を検討する際に必要な情報も、もれなく記載しましょう。

ライブやコンサートであれば出演者や演目のリスト、

グルメ系のイベントであれば料理やお酒のリストなどがこれに当たります。

 


 

2.ターゲットを絞ったデザインにする


 

イベントへの参加を検討してもらいたいターゲット層は、どのような人々なのかを明確にしましょう。

誰にでも心地よいと思われるようなチラシデザインは、見る人に強い印象を残すことができません。

ターゲットを絞ったデザインにすることで、ターゲット層へイベントの良さを訴えかけることができ、

イベントに参加してみようという気持ちにさせることが可能となります。
例えば、お月見と雅楽を楽しむようなイベントであれば落ち着いた趣のデザインを、

ゲームショウのようなイベントであれば華やかで近未来を感じさせるようなデザインです。

 


 

3.写真とイラストを効果的に使う


 

ターゲット層の印象に残るチラシには、必ず効果的な写真やイラストが使用されています。

写真やイラストをうまく使用することで、イベントの良さや特徴を強くアピールできます。

 

3-1.写真を使った例

 

写真を使う場合は、イベントの良さや特徴が伝わるような写真を選定するとともに、

チラシやイベントそのもののイメージに合った写真を選ぶことが重要です。
例えば、スポーツイベントのチラシであれば、競技する人の躍動感と熱量が伝わってくるような写真を選ぶとよいでしょう。

 

3-2.イラストを使った例

 

イラストを使う場合は、イラストで伝えたい内容が明確で、

チラシ全体の雰囲気とかけ離れたものにならないよう注意しましょう。
例えば、動物と触れ合うようなイベントであれば、動物のかわいらしいイラストや、

動物と楽しそうにふれあっている子供たちのイラストなどがよいでしょう。

 


 

まとめ


 

イベントチラシは、デザインも重要ですが、必要な情報がしっかり網羅された上でチラシに記載されていることが重要です。

そのためには、まず、必要な情報を書き出してリスト化してみましょう。
株式会社東邦プランでは、クライアントの要望や目的に合った効果的なイベントチラシの制作が可能です。

イベントチラシの制作をお考えの方は、東邦プランへ制作を依頼するのがおすすめです。

 

 

↓↓広告に関するご相談・お問い合わせはコチラから↓↓

【広告でお困りのことなら東邦プランへ】お問い合わせページ

電話でのお問い合わせはこちら044-549-0772(受付時間/土日祝日を除く9:00~18:00)

PAGE TOP ▲