займ на карту срочно без отказа

MENU

メニューを閉じる
HOME
BtoC商材がメインの企業様
> 新店舗オープンに必要な広告とは > リピーターを増やすには > 商品やサービスの知名度を上げるには
BtoB商材がメインの企業様
> 印刷のことなら > 展示会に出展したい > WEBで収益アップ
行政の皆様へ
実績紹介
> マーケティング事例 > デザイン事例
私達の強み
> ブランドプロミス > 広告効果が上がる広告の作り方 > 広告コラム
会社概要
採用情報
CSR
お問合せ

企業活動

こちらでは顧客並びに利害関係者・地域社会にむけて弊社の企業としての取組み、外部活動をはじめ、企業の社会的責任や地域社会への貢献、地球環境への配慮・従業員に対する職場環境の改善についての情報、活動実績をご紹介させていただいております。

タイトルアイコン 神奈川県中小企業家同友会川崎支部7月例会

神奈川県中小企業家同友会川崎支部7月例会のメイン画像

目からウロコ『経営指針にこんな使い方があった!!』~嵐の中の大海を乗り越える答えは、経営者の心の叫びと初心にあった!~

2018年7月23日(月)、川崎市産業振興会館にて渡部重機株式会社 代表取締役 渡部典行氏よりご報告いただきました。

 

今回の実践報告は前半・後半に分かれていて、前半の報告の後グループ討論を行い、各グループの報告後に後半の報告を聞くという報告形式でした。

グループ討論後は自分の考えが整理されたり、「こんな考え方があったか」という気づきを得た状態で報告を受けることが出来るので、報告者の考え方・他の参加者の考え方・自分の考え方と、様々な捉え方が出来ると感じました。

グループ討論にて

グループ討論では以下の2点について意見が交わされました。

①会社経営をする理由はなんですか(社員の方は、今の会社に入った理由はなんですか)

②こんな会社にしたい! 参加者の方は経営者の方はもちろん、社員の方もいらっしゃいます。

業種も会社の規模も様々ですので、飛び交う意見や理想像は様々でした。

 

私のグループは①では「先代から継いだから」、「社員を幸せにする為」、「高い技術を保有し、地域に貢献する」、②では「やりがいや幸福を感じる会社」、「評価制度が明確な会社」、「世界中から一緒に仕事をしたいと言われる会社」などの意見が話し合われました。

渡部社長はグループ討論後の報告の中で、社長がどういう会社にしたいのか・将来どうなっていたいのかというビジョンが明確でなければ、経営指針は社員になかなか受け入れられない、とご自身の経験を基におっしゃっていました。

それを見つける為に必要なのが、自身の心の叫びに耳を傾けることや初心に振り返ることだそうです。

今回の例会を通して

今回得た学びは、最後にはどういう状態で有りたいのかという目標を持つことの重要性です。

平常通りでその状態へ向かえるのであれば素晴らしいことですが、辛い決断を下さなければいけない時もあります。

その時に後押ししてくれるのが、その目標の存在であり、会社においては経営指針であると感じました。

普遍的な考え方だと思いますので、今後もあらゆる活動の中で活用していきます。

PAGE TOP ▲